1. TOP
  2. オンライン英会話
  3. オンライン英会話おすすめランキング【2019年8月版】

オンライン英会話おすすめランキング【2019年8月版】

 2018/08/02 オンライン英会話
  531 Views

「英語」「英会話」そう聞いて「ああ、話せるようになりたいなあ…」と思う人は多いものですが、そもそもあなたはどうして「英語を学びたい」「英会話ができるようになりたい」と思っているのでしょうか。

  • 海外旅行へ行った時に苦労せずコミュニケーションをとりたいから?
  • 仕事上英語でやりとりする必要があるから?

いずれにせよ、「英語話せるようになりたいなと思っている」というだけでは英語を話せるようにはなりません。

「やりたいな」で終わらないために、一歩を踏み出してみませんか。幸い現代社会には「オンライン英会話」という便利なツールがあるのです。

Contents

オンライン英会話目的別ランキング

即戦力のビジネス英会話を身に着けたい

1位 BizEnglish(ビズイングリッシュ)

主な特徴

  • 3カ月という短期間でビジネス英語をマスターできる
  • 固定の講師と固定のレッスン時間で学習ルーティンを確立
  • グループセッションでミーティングなどに必要なスピーチ力を鍛える
レッスン時間 50分
料金 総額249000円(月額83000円)

BizEnglish(ビズイングリッシュ)の総評

ビジネス英語特化型のオンライン英会話です。3カ月という短い期間で毎日1時間弱のレッスンを行い、徹底的な指導を行います。教材はなく、受講者の目的に合ったレッスンや伸ばしたいスキルに合わせた指導をしてくれます。講師は非常に厳しく審査されており、たとえ経験豊富な講師でもビズイングリッシュの基準に達していない講師は採用されません。

アウトプットにかなりの重点を置いているのでレッスンはライティングやスピーキングが中心になります。ビジネスメールや英文の企画書、ミーティング用の資料など必要なライティングスキルが身に付きます。また2週間に一度グループレッスンが行われ、自由課題で3分間のスピーチを行います。日常の英会話とは違う、ビジネスに必須なプレゼンやスピーチ力が身に付き、内容の効果的な伝え方やコツなども知ることができます。

レッスンは平日の毎日決まった時間のみ、レッスン時間50分と時間的制約が多いことがデメリットに映るかもしれません。しかし受講者は皆、ビジネスに従事しながらレッスンを受けており、確実な成果を上げています。無料カウンセリングもあり、どの時間帯がベストか一緒に考えてくれるのでまずは相談してみるとよいでしょう。

BizEnglishの公式サイトはこちら

2位 Bizmates(ビズメイツ)

主な特徴

  • 講師は全員ビジネス経験者、自分と同じ業種経験者を選択可能
  • レベルは5段階、中学英語からスタートできるので初心者も安心
  • 英語力だけでなくビジネスに必要な素養も高める
レッスン時間 25分/50分
月額料金 11000円/16500円
評価

Bizmates(ビズメイツ)の総評
講師全員がビジネス経験者で、自分と同じ業種経験者から的確な英語と必要なスキルを学ぶことができます。講師は採用率1%以下という厳しい基準をクリアした後もトレーニングを受けているので、非常に質の高いレッスンが受けられます。レベルは5段階で初心者から上級者まで対応、特に初心者は中学レベルの英語からスタートできるので、基礎からしっかり学ぶことができます。

プログラムは4つあり、ビジネス英語を身に着けていくBizmates Program、特定のスキルを強化するためのOther Program、プレゼンテーションやメール・資料の添削など受講生のビジネスをサポートするAssist Lesson、様々な題材のエッセイを使って異文化に対する認識や新たな観点を学ぶDiscoveryがあります。レッスンは英語だけでなく、ビジネスに必要な人間性、多様性、リーダーシップ、コミュニケーション能力といった素養を高められるようにも設計されています。

講師はフィリピン人が中心でネイティブ講師がいないので、人によっては物足りなく感じるかもしれません。また日本人カウンセラーなどがおらず、問い合わせもメールのみであるため、相談事やトラブルが発生した時のサポート体制に少々不安があります。

ビズメイツの公式サイトはこちら

日本語サポート一切不要!カランメソッドで英語漬け

1位 NativeCamp(ネイティブキャンプ)

主な特徴

  • レッスン回数無制限、定額でレッスン受け放題
  • 24時間365日受講可能、予約なしでもレッスンができる
  • 読み放題、聞き放題、話し放題、3つの「し放題」で英語力アップ
レッスン時間 1レッスン:~25分
月額料金 プレミアムプラン:5950円

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の総評

母国語に一切頼らずに英語のみの学習で通常の4倍の速さで英語を効果的に習得できる、カランメソッド(Callan Method)という学習方法を採用しています。教材を一切使わず、全授業を英会話で行うので最初こそ戸惑いますが、英語漬けで集中して学びたい方にはうってつけです。TOEIC対策や教材を使った授業、日本語も交えてゆったりと学習できるコースもあるので初心者でも安心して利用できます。

レッスン回数に制限がないため、テストやミーティングに備えてもっとレッスンがしたいという方のニーズにどこまでも応えます。読む・聞く・話すがし放題なので、短所を補い長所を伸ばすことが可能です。読む教材なら700冊以上の小説や自伝、聞く教材は有名人や著名人のインタビューやスピーチ、トレーニング教材など1900以上のコンテンツがそろっています。

100以上の国から講師が採用されているため、ノンネイティブな講師によっては母国語の訛りが強く、正しい英語の発音ではない場合があるので、発音矯正したい方は注意が必要です。予約なしでも利用できるとありますが、カランメソッドは予約制となっています。また基本的に講師の選択はランダムで、特定の講師を予約する場合は別途コインを買う必要があります。

ネイティブキャンプの公式サイトはこちら

2位 QQ English

主な特徴

  • フィリピン政府からの正式許認可を受けた英会話学校
  • カランメソッドを採用し英語の素早い上達を支援
  • 講師は全員、国際英語教師資格TESOLを取得
レッスン時間 1回25分
月額料金 月会費プラン:3685円
毎日プラン(シンプル/プレミアム):4980円/9500円

QQ Englishの総評

フィリピンのセブ島に2つのキャンパスを持つ英会話スクールで、日本を含めた世界10か国以上に対してオンラインレッスンを提供しています。教師たちは全員がフィリピン国内の大学の卒業生で、国際英語教師資格TESOLを取得しています。また定期的にトレーニングを受けているので、常に高水準のレッスンが受けられます。

プランは2つあり、毎月与えられる400ポイントを利用して月4回~8回の授業を受けられる月会費プラン、毎日レッスンが受けられる毎日プランがあります。回数だけで見ると毎日プランの方がお得に見えますが、月会費プランは毎日プランでは利用できないカリキュラムを受講することができ、よりレベルの高い教師を指名できるというメリットがあります。

2つあるキャンパスのうち一つにコールセンターがあるという特性上、一日に対応できる教師の数は限られているので、週末や祝日、受講直前の予約などが取りづらい場合があります。毎日プランにしていても必ず毎日受講できるわけではないようなので、それも踏まえてプランを選択しましょう。

QQ Englishの公式サイトはこちら

基礎からしっかり、レベルに応じた学習がしたい

1位 レアジョブ英会話

主な特徴

  • 老舗ならではの高レベルな講師陣
  • 在籍講師4000人以上、様々なスケジュールにも柔軟に対応可能
  • 「あんしんパッケージ」でカウンセリングや自動予約などのサポートも受けられる
レッスン時間 25分/50分/100分
月額料金 日常英会話コース:5800円/9700円/16000円
ビジネス英会話・中学高校コース:9800円/―/―

レアジョブ英会話の総評

在籍講師は4000名以上、顧客満足度99.4%、1500社以上の企業や教育機関が導入しているなど、高い安定性と確かな実績を持つオンライン英会話です。日常英会話をメインにビジネス、中学・高校コースを取り扱っており、いずれも質の高いレッスンを提供しています。朝6時から深夜1時まで開講しており、レッスンの5分前に予約可能など柔軟に対応しています。

講師は全員フィリピン人で採用率1%という厳しい審査を通過した講師のみを採用しています。また第二言語として英語を習得しているため、そういった経験を生かした対応や教え方ができ、学ぶ側も安心感が持てます。レッスン品質を向上させるためにモニタリングやフィードバックの内容を考慮して講師のスキルアップを行っているので、品質は常に高く保たれているのも大きなポイントです。

在宅勤務者が多数いるようでインターネットの送受信状況が悪い、あるいは家庭音などが聞こえてくることもあるようです。また講師たちは、日本語や日本文化に関するトレーニングを受けてはいても実際に体験したことがない方もいるため、そういった部分のコミュニケーションがうまくいかないこともあるようです。

レアジョブの公式サイトはこちら

2位 スタディサプリENGLISH

主な特徴

  • 1回最短3分の英会話レッスンで隙間時間に学習できる
  • アプリを使って自分のペースで進められる
  • 自分の英語力に合ったレベルでスタートできる
  • 教材に使われるストーリーが非常に作りこまれており継続しやすい
レッスン時間 最短3分
月額料金 TOEIC対策コース・ビジネスコース:2980円
日常英会話コース:980円

スタディサプリENGLISHの総評

アプリを利用した自習型の英会話レッスンを提供しているオンライン英会話サービスです。TOEIC対策、ビジネス、日常英会話の3つのコースがあり、どれもドラマ形式のアプリ教材を使って学習していきます。一回のレッスンは最短3分でできるのでちょっとした時間にレッスンを受けられます。また始めるときに自分の英語力を分析することで自分に合ったレベルから始めることができます。

教材の内容をドラマ「下町ロケット」の脚本で有名な稲葉一広氏や「428 ~封鎖された渋谷で~」「逆転裁判5」「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス」など様々なゲームシナリオを手掛けている会社ジンテーゼが作成しており、非常にストーリー性が高く続きが気になるような工夫がなされているため、学習が継続しやすいというのもスタディサプリの大きな特徴です。

ストーリーに沿ってアプリで自習するスタイルであるため、特定の状況に対応する英語フレーズをすぐに学ぶことができないというデメリットがあります。自分の状況や特定のシチュエーションに合わせた学習はできませんが、基本をしっかり学びたいという方に向いているでしょう。

スタディサプリENGLISHの公式サイトはこちら

3位 DMM英会話

主な特徴

  • 24時間365日受講可能
  • 日本を含めた120か国以上、6500人以上の講師が在籍
  • 8000以上の教材と英語学習アプリ「iKnow!」が無料で利用できる
レッスン時間 25分/50分/75分
月額料金 スタンダードプラン:6480円/10780円/15180円
プラスネイティブプラン:15800円/31200円/45100円

DMM英会話の総評

毎日1レッスン(25分)必ず受けることができ、プラン次第では最高3回(75分)まで受講できます。二つのプランがあり、スタンダードプランはノンネイティブ講師とレッスンを行い、プラスネイティブプランはネイティブと日本人講師を含めた全講師から選択できるようになります。8000以上の豊富な教材を無料で利用できる他、英語学習アプリ「iKnow!」を使ってちょっとした時間に学習することができます。

レベルは10段階あり、ABCもおぼつかない初心者からネイティブ並みに話せる上級者まで対応しており、TOEICやIELTS、英検などの対策も可能です。また、毎回のレッスン終了後に「レッスンノート」が表示され、講師からのメッセージや使われた単語や文章の確認ができ、自分の感想や反省点を記録することができます。

6000人以上の講師がいるため、一定の基準を満たして採用されているとしても講師レベルは様々です。人気の高い講師は予約が殺到するため中々予約が取れないという問題があります。またネイティブや日本人講師はプラスネイティブプランでないとそもそも予約ができません。ただプランの変更はいつでもできるので、状況やレベル、経済面を考慮しながら切り替えるとよいでしょう。

DMM英会話の公式サイトはこちら

4位 hanaso

主な特徴

  • 独自の反復学習システムhanasoメソッドを導入
  • 講師はフィリピン人中心、日本語研修を受けているので日本語でのフォローも可能
  • 関正生氏監修のhanasoオリジナル教材を使用
レッスン時間 25分/50分
月額料金 回数プラン:4000円(月8回)・5700円(月12回)・7200円(月16回)
毎日プラン:5980円/10980円
週2プラン:3800円/5800円

hanasoの総評
hanasoは独自の学習メソッドや関正生氏監修のオリジナル教材を使用して、主に話す力を伸ばすことに力を入れているオンライン英会話です。毎日レッスンを受けられるプランと自分のスケジュールに合わせてレッスンを受けられるプランを用意しています。講師はフィリピン人が中心ですが、日本語研修を受けているので日本語でのフォローが可能です。

独自メソッドであるhanasoメソッドは、3つのステップで話せる英語を取得するための学習法です。まずレッスンで学んだフレーズ・発音を何度も練習、翌日以降も学んだフレーズの復習問題が出題され、最後にロールプレイの音声教材を聞きながら会話形式で練習します。フレーズの反復練習とロールプレイによる実践的な会話練習で確実に英会話力を培えます。

講師数は約450人と他校と比べると少なく、人気の講師は特に予約が取りにくいようです。レッスン後、2回分まで予約できるようなので、早めに予約してしまうのが良いでしょう。またインターネット回線が安定しにくい時があり、スムーズにレッスンが受けられないことがあるようです。

hanasoの公式サイトはこちら

5位 kimini

主な特徴

  • 「学研」が提供するオンライン英会話
  • トレーニングを受けたフィリピン人講師による指導
  • コース選択制なので、学習内容で迷わない
レッスン時間 25分
月額料金 ライトプラン:2980円・スタンダードプラン:5480円
ダブルプラン:9480円・プレミアムプラン:15480円

kiminiの総評

教育のノウハウがしっかりしている、長い実績を持つ「学研」が提供するオンライン英会話です。講師はすべてフィリピン人で、英語教授トレーニングのみならず日本文化に対する教育も受けています。プランは4つあり、ライトプラン以外はすべてのコースを選択可能です。独自の通信システムを使用しており、ただ会話するだけでなく、実際に答えを打ち込んだり、描画ツールで書き込んだり、レッスンの進捗状況を管理してくれるなど機能が充実しています。

コースは、日常的な英会話を伸ばしていく総合英語コースを始め、ビジネス英会話、小中高生用のコース、発音コース、講師と自由に会話するフリートークなど多岐にわたります。英語力を確実に鍛えていくため、レッスンだけでなく予習と復習にも重きを置いており、自習もできる環境が整っています。

ネイティブ講師があまりいないので、よりハイレベルな英語を学びたいという方には少々物足りない部分もあるでしょう。また、試験対策も英検のみなのでTOEICやIELTSを受けたいという方には向いていません。英語を基礎から学びたい方にはおすすめです。

kiminiの公式サイトはこちら

ハイレベルな講師にがっつり指導されたい

1位 VIPABC(ブイ・アイ・ピー・エー・ビー・シー)

主な特徴

  • 在籍講師2万人、全員が国際英語教師資格TESOLを保持
  • マッチングシステムで最適なレッスンと講師を選んでくれる
  • 独自のツール、システムでサポートも充実
レッスン時間 45分
料金 楽々プラン(ポイント制年間料金):285000円~624000円
セットプラン(回数制年間料金):138000円~378000円
短期集中プラン(90日間の短期集中コース):285000円

VIPABC(ブイ・アイ・ピー・エー・ビー・シー)の総評

一人ひとりに最適なカリキュラムと講師を選択してくれる、独自のマッチングシステムDCGS(Dynamic Course Generetion System)を有しています。英語レベル、伸ばしたいスキル、学びたい業種、学びたい職種、興味のある分野の5つの質問の回答でレッスンが決定されるので、自分のレベルに合わないレッスンに当たることはありません。教材も豊富で毎月100以上の教材が追加されるため、常に新しく効果的な教材で学習できます。

在籍している講師は2万人でネイティブ講師が多く、ノンネイティブを含めた全員が国際英語教師資格TESOLを保持しています。採用後も定期的なトレーニングを受けており、生徒からのフィードバックも反映させながら質の高いレッスンを提供しています。またサポート体制も充実しており、3つの異なるサポートチームがトラブル対応や相談に応じてくれます。

料金は設定は高額な部類に入ります。ただ講師やレッスンの質、毎月最新の教材を追加しているなど、常に新しく効果的なものに触れられるのは大きなメリットです。誰でも気軽にとはいきませんが、質の高い英語学習を受けたい方は検討してみる価値はあるでしょう。

VIPABCの公式サイトはこちら

2位 EF English Live(EFイングリッシュライブ)

主な特徴

  • 実績50年以上、スウェーデン発の英会話スクールが母体
  • 講師は全員ネイティブ、「本物の英語」を指導
  • グループレッスンで海外の受講者ともコミュニケーションできる
レッスン時間 プライベートレッスン:20分
グループレッスン:45分
月額料金 7900円

EF English Live(EFイングリッシュライブ)の総評

日本以上に世界での認知されているオンライン英会話です。1965年に創立し長い実績を持つEF Education Firstを母体とし、オンライン英会話としても20年以上の実績を持っています。講師は全員ネイティブか英語を第一言語とするバイリンガルで、英語教授資格も保有しています。どこコースでも料金は均一、グループレッスンは月30回、プライベートレッスンは月8回まで受講可能で一日の受講回数に制限はないので、フレキシブルに英語を学ぶことができます。

レベルは16段階と細かく設定されており、自分の英語レベルに合わせた学習ができます。レッスンは、一般的なマンツーマンレッスンではなく、自習学習、グループレッスン、プライベートレッスンなど様々なレッスンの複合となっています。つまり時間があるときに自習学習を行い、毎時00分か30分に開始されるグループレッスンに参加し、プライベートレッスンでは自習した教材のトピックを用いての授業が行われるという流れです。

グループレッスンは他国の生徒と一緒に最大6人で学ぶため異文化交流ができるメリットがありますが、ネット回線が悪くてラグが発生したり、参加人数が多いと発言できないこともあるというデメリットがあるようです。

EF English Liveの公式サイトはこちら

試験対策して目標点数を目指すなら

1位 Best Teacher(ベストティーチャー)

主な特徴

  • 「話す」だけでなく「書く」ことにも重点を置いたレッスン
  • 講師の合格率4%、世界50か国から採用
  • 通常英会話だけじゃない、試験対策が豊富な7つのコース
レッスン時間 Skypeレッスン:25分
月額料金 通常英会話コース:12000円
各種試験対策コース:16200円

Best Teacher(ベストティーチャー)の総評

「書く」スキルにも力を入れている数少ないオンライン英会話です。世界50か国から集められた講師陣をバランスよく採用し、それぞれの国の訛りにも対応できるよう指導しています。コースは7つありますが、英語を学ぶコースは通常英会話コースのみで他の6つはすべて試験対策となっています。

レッスンの流れは、まずライティングレッスンで英語を使いたい場面に対応した会話形式の英文を自分で作成し、それを講師が添削します。添削された自分の英文は、自分だけのオリジナル教材としてリーディングとリスニングに使用し復習していきます。最後にSkypeレッスンでも自作の英文を使用してレッスンを行います。自分で考え、添削してもらった文章が学習教材になるので、記憶に残りやすく、「話す」だけでなく複合的に英語力を伸ばせます。

ライティングレッスンは講師に添削してもらう必要があるため、待ち時間が発生してしまうことが多々あります。また会話力を上げたいという方にはあまり向いていないかもしれません。ビジネスでよくメールのやり取りをする方、SNSで英語でコメントを残したい方にはおすすめです。

Best Teacherの公式サイトはこちら

オンライン英会話とは?

インターネットを通じて世界各国の講師とあなたのパソコン(もしくはスマホやタブレット)をビデオ通話でつなぎ、レッスンを受けるというものです。

インターネット環境とそれに接続できるスマホやタブレット・パソコンなどがあれば、誰でもどこでも手軽に受講できるのが最大の特徴。「出かける必要がない」というのは、忙しい私たち現代人にとって、非常に大きなメリットです。

通学型の英会話スクールと何が違うの?

通学する必要がない

当然ですが、まず「通学する必要がない」という点が大きな違いです。自宅で受講できるため、移動のための時間や交通費は全く必要ありません。レッスンの直前まで仕事や家事などをしていることだってできるのです。

受講料が断然安い

また、オンライン英会話は通学型スクールに比べて断然受講料が安いというのも特徴です。

通学型の英会話スクール 大手通学型英会話学校Aのプライベートレッスンの場合
50分×週2×4ヶ月のコースが320,760円。レッスン1回あたり10,023円。大手通学型英会話学校Gのマンツーマンレッスンの場合
40分×週2程度×6ヶ月のコースが345,060円。レッスン1回あたり7,668円。
オンライン英会話 一方オンライン英会話は、25分のレッスン(マンツーマン)を毎日受講するというプランでも毎月5,000~6,000円程度のところがほとんどであり、レッスン1回あたり138円~という驚きの安さ。通学型と比べて格段に安いというのがおわかりいただけると思います。

このように通学型、特にマンツーマンレッスンはオンライ英会話と比較するとどうしても高額になってしまいますよね。

オンライン英会話はこんな人におすすめ!

自宅で安く受講できるオンライン英会話は

  • 毎日決まった時間に帰れない忙しい社会人
  • なかなか出かけられない主婦の方
  • できるだけお金をかけずに英会話を取得したい学生

などにとてもおすすめです。

無料体験ができるスクールがほとんどですので、是非一度無料体験を受講して便利さを実感してみましょう!

受講の仕方

①必要な道具

オンライン英会話の受講のためには

インターネット環境(ビデオ通話なのでモバイルネットワークではなくwifiなどの方がいいでしょう)
ビデオ通話ができる機器(パソコン・スマホ・タブレット)
最低限この2つは必要です。

また、自分の持っている機器に応じて

ヘッドセット 講師の英語を漏らさず聞き取ることができ、ハウリングも防げます。安いものなら1,000円程度から購入できます。
webカメラ 最近ではほとんどのパソコンやスマホ・タブレットにカメラが内蔵されていますが、ついていないものもあります。こちらも安いものなら1,000円程度から購入できますので、探してみましょう。

などが必要な場合があります。自分の持っている機器やスクールの詳細を確認してみましょう。

また、スマホでも手軽に受講できるのがオンライン英会話の強みですが、スクールによっては「スマホで受講した場合にレッスンクオリティが下がってしまっても保証外」という規定があることも。事前に確認をしておきましょう。

②レッスンの流れ

スクールにもよりますが、オンライン英会話のレッスンの大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 希望の時間に予約を入れる
  2. その時間の5分前くらいにはスカイプ等の通話ツールを立ち上げておく
  3. 開始時間になったら講師からコールがかかってくる
  4. レッスンスタート!

③レッスン内容

スクールによって細かいレッスン内容は異なりますが、大きく分けてレッスンは以下の2パターンに分けられます。

教材を使ったレッスン 各スクールでは豊富なオリジナル教材を準備しています。英会話初心者はこちらを選択して、自分のレベルにあった教材を講師に選んでもらいましょう。また、「発音が苦手なので改善したい」「旅行の時に使える会話を学びたい」など、目的がハッキリしている人もこちらがいいでしょう。
フリートーク 「英語を話すことに慣れたい」人はこちらを選びましょう。ただ話すだけでなく「こういうときはどのように言えばいいの?」など、フランクにいろいろなことを質問できますよ。

講師の選び方・都度選択式と担任式どちらを選べばいいの?

オンライン英会話は基本的に講師とのマンツーマンレッスン。そのため講師選びはとても重要です。

①オンライン英会話のほとんどは「レッスンごとに講師を選択」する方式

都度選択式のメリット

自分に合った講師を探すことができるので、レッスンで「この講師とはあまり合わないな」「この人の訛りはちょっときつくて聞き取りにくいな」などと思った場合、「次にその講師を選ばない」という選択ができます。これが最大のメリットです。

また、「空いている時間にレッスンを受けたい」という場合、その時間に在籍している講師から選べばいいので、「講師の都合で希望の時間にレッスンが受けられない」という事態もあまり起こりません。

都度選択式のデメリット

スクールによって教材やカリキュラムは当然統一されていますし、講師間で生徒のレッスン進度などの共有もしていますが、レッスンのクオリティのばらつきが全くないとは言えません。

そんなときに大切なのは「前回はこんなことをやったが、本当はこういうやり方がいい」「この教材は自分に合わないので、次回以降違うものを使いたい」など、希望はその時の講師にはっきりと伝えること。

そしていざとなったら次回以降は遠慮なく別の講師を指名することです。日本人は義理堅く、「都度先生を選ぶとは言っても、前回と違う先生を選ぶことで何か不都合が合ったらどうしよう…」などと思ってしまいがちですが、遠慮する必要はありませんよ。

②オンライン英会話には担任式のスクールもあります

主流は上記の「都度選択式」ですが、オンライン英会話の中には担任式を採用しているスクールもあります。

担任式のメリット

担任式のメリットはなによりも「お互いが『わかっている』という安心感」です。何度も顔を合わせている講師であれば、生徒の理解度や性格などもわかってくれますので、生徒に合わせたレッスンを行ってくれるでしょう。

また、都度選択式と違って「前回は別の講師とどこまで進めたのか」などの確認に要する時間も不要ですから、レッスン時間を有意義に使うことができます。

担任式のデメリット

当然ですが、担任講師の都合のいい時間帯のみのレッスンになりますから、「いつでもレッスンができる」というわけにはいきません。また、とにかくたくさんレッスンを受けて上達したい!というタイプの人には向かないかもしれません。

また、担任講師が自分に合わないタイプの先生だった場合、スクールによってはすぐに担任を変更できない可能性がありますので、その点は事前に確認しておいた方がいいでしょう。

③自分の目標にあった選択を!

都度選択式も担任式も、それぞれにメリット・デメリットがあります。
自分の目標や性格に合わせて好きな方を選ぶといいですが、迷ってしまった場合はまずオンライン英会話の主流である都度選択式で様子を見るといいでしょう。

都度選択式でも同じ講師を指名し続けることは可能ですから、同じ講師がいいということであればその方法でまずやってみて、「やっぱり『担任』という形でやってほしい!」と強い希望が出てきたら担任式を検討してはいかがでしょうか。

講師の選び方~ネイティブじゃない講師で大丈夫なの?

オンライン英会話の講師はほとんどがノンネイティブ(英語を第一言語としていない人)です。「それって大丈夫なの?ちゃんと教えてもらえるの?」と不安に思う人も多いですよね。

結論から言うと、ネイティブじゃなくても全く問題ありません。

①高い教育を受けたノンネイティブは時にネイティブよりも教えるのがうまい

オンライン英会話の講師として登録している人は、ほとんどが質の高い教育を受けています。それに加えて英会話講師としてのトレーニングもきちんと受けていますから、教えるのがとても上手です。

また、「英語を外国語として学び、教えられるまでになった」という人なので、「ノンネイティブがどこでつまづきやすいか」など、英語学習におけるひっかかりやすい点なども熟知しているため、場合によってはネイティブスピーカーよりも教えるのが上手、ということだって十分にあります。

②これを機に「ネイティブ英語」からの脱却をはかろう

「とは言っても、やっぱりネイティブじゃない講師は訛りが強いんでしょう…?」そう思ってしまいますよね。しかしそこも安心してください。専門のトレーニングを受けている講師はたいていの場合、訛りがほとんど気にならない綺麗な英語を話してくれるはずです。

そして何よりオンライン英会話を機に「訛りが強い人から英語を教えてもらうのは嫌」という認識自体、改めた方がいいでしょう。

考えてみてください。世界では「英語のネイティブスピーカー」よりも「英語を第二言語といて習得し、それを使ってコミュニケーションをとっている人」の方が相当多いのです。

日本のテレビなどでは片言の日本語を話す外国人をおもしろおかしく取り上げたりすることなどがあり、「言葉がペラペラじゃないと笑われる」という意識が強くなりがちですが、英語はそんなことはありません。

ネイティブスピーカーでさえも、「外国語として英語を学んだ人が話す、文法的な間違いや発音がちょっとずれている英語」を聞き取る能力は非常に高く、それを馬鹿にするようなことはありません。

英語を学ぶ目標は「英語でコミュニケーションをとる」ということであって、「ネイティブのように完璧に話せるようになること」ではない、という人が大半のはず。

これをきっかけに英語学習に関する思い込みを少しずつ解消してみましょう。

ただし、レッスン中、最低限必要なことすら聞き取れないほど講師の訛りがひどいということであれば、スクールに対してフィードバックして改善を求めましょう。

③ネイティブ講師を敢えて選ぶメリット

スクールによっては、追加費用を支払うことでネイティブ講師を指定できることもあります。

ビジネスや勉強において、「特定の英語圏のネイティブとコミュニケーションをはかる必要があり、その国独自の言い回しなども集中して覚えたい」などの場合は追加費用を払ってでもネイティブを指定する価値はあるでしょう。自分の目的に合わせて選ぶといいですね。

講師選びの極意

「英語を話せない」という人は多くの場合、下記の2種類に分けられます。

  • 本当に英語そのものがわからない人
  • 英語はある程度わかるが、何を話したらいいのかわからない人

「本当に英語そのものがわからない人」は、初心者向けのカリキュラムがあるスクールを選び、初心者の指導が得意な講師を選びましょう。スクールによっては「日本語もある程度話せる」という講師もいますので、それだと安心ですね。

そして「英語はある程度わかるが、何を話したらいいのかわからない人」におすすめしたい講師選びのコツは「自分と趣味が似ている講師を検索して探す」ということです。やり方は簡単、講師の検索画面で「tennis」「anime」「travel」「drama」など、自分の興味があるワードを入れるだけ。

そんなに興味のない最新のニュース記事について話すより、自分の好きなスポーツやアニメなど、好きなことがトピックになった方が断然話しやすいはずです。慣れるまでは「自分と話が合いそうな人」をどんどん探し、レッスンを受けてみてくださいね。

オンライン英会話で大切なこと

オンライン英会話は手軽に始められますが、始める前に「なぜ英語を学びたいのか」という点だけはクリアにしておくといいでしょう。例えば、

  • 会社で取引先の担当者と通訳を介さずやりとりしたい
  • 海外旅行に行ったとき、日常会話に困らない程度になりたい
  • TOEICで700点以上を取得したい
    などです。

その目標を講師に伝えることで、より効果的なレッスンを受けることができるはずですよ。

オンライン英会話の効果

英会話上達の唯一のコツは「継続すること」ですが、通学型の英会話学校だと、仕事や家事育児などでなかなか継続して通えないことが多いですよね。

繰り返しになりますが、オンライン英会話の一番の強みは「自宅で気軽にレッスンが受けられること」です。

通学の必要がなく、一日30分程度の時間があればいいだけなので、とても継続しやすいのです。こつこつと継続することで、少しずつ確実に英語の力はついていくでしょう。「ネイティブのような英語を話さなくてはならない」という呪縛からも逃れられ、気がついたら英語を話すことに躊躇がなくなっているはずです!

まずは無料体験!

いろいろと書いてきましたが、「百聞は一見にしかず」です。ほとんどのスクールでレッスンの無料体験を行っていますから、まずは気になったスクールで一度無料体験をしてみましょう。詳細を考えるのはそれからでも遅くありませんよ。

\ SNSでシェアしよう! /

英会話の女神の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話の女神の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • オンライン英会話の費用について

  • オンライン英会話の賢い使い方とは?

  • マイチューターの特徴

  • ウーマンオンラインの特徴

  • クチコミで話題になっているオンライン英会話

  • EFイングリッシュライブの特徴